2017年4月12日 更新

気をつけてる?暮らしの中でのUVケアがエイジングケアにつながる!

近年、『光老化』という言葉をよく聞くようになりました。 一説によると「肌の老化原因は約80%が紫外線による光老化だ」とも言われています。 紫外線は、シミや日焼けによる肌色の変化だけでなく、しわやたるみの原因にもなるのです。

紫外線の種類の違いを知っていますか?

紫外線には、UVA、UVB、UVCという3種類があります。
UVCはオゾン層で吸収されるため、地表には届きません。
UVAは紫外線の95%、UVBが5%を閉めています。
日焼け止めなどのUVケアアイテムにはSPF値とPA表示がされていますが、SPFはUVB防御効果を、
PAはUVA防御効果を表しています。

しわやたるみの原因にもなるUVA

UVAは、生活紫外線とも呼ばれ、雲やガラスも通します。
日常生活の中で知らず知らずのうちに浴びている可能性がある紫外線。
肌の深部に悪影響を与え、しわ、たるみの原因を引き起こします。

乾燥、しわ、肌あれの原因にもなるUVB

UVBは、レジャー紫外線とも呼ばれ、主に表皮に影響を与えます。
赤く炎症を起こしたり、炎症が引いたあと黒くなったりするいわゆる日焼けの症状が起こります。
水分が現象することにより乾燥、しわ、肌あれの原因になります。

気をつけたいUVケアのタイミング

うっかり日焼けになりがちなタイミングはこんなとき。

曇りの日

→薄曇の場合、快晴時の約8~9割のUV量が、曇りの場合でも快晴時の約6割のUV量があります

洗濯物を干すとき

→室内でハンガーに干し、準備してから、外に出せば最小限の時間で済みます

電車での移動中

→UVAはガラスを通過するため、電車内でも紫外線の影響を受けます
17 件

この記事のキーワード

この記事のライター

コスメコンシェルジュ そうまみき コスメコンシェルジュ そうまみき