2016年9月19日 更新

ぐるっとパスでお得にレジャー。子連れもオススメ!博物館・動物園巡り

「ぐるっとパス」というものをご存知ですか? 1冊で美術館めぐりがお好きな方はもちろん、お子さんとのレジャーにもお得に使える、美術館や博物館が無料または割引で利用できるパスポートなんです。特に雨の日に今日はどこで遊ぼうかな?と悩んだ時などにとってもオススメですよ。

ぐるっとパスとは!?

一冊2,000円で都内79の美術館・博物館、動物園・水族館・植物園などの入場券や割引券が綴られたお得なパスポート。
1施設1回のみ使用することができます。
現在発売されているのは「ぐるっとパス2016」で、有効期限は利用開始日から2ヶ月、最終有効期限は2017年3月31日まで。
子どもと一緒に色々なところに遊びに行きたい!一人でゆっくり美術館めぐりをしたい!という方にとってもオススメなんです。

使える施設は?

都内79の美術館・博物館・動物園などで使えます。
パスだけで入場できる施設、割引料金になる施設と様々なので、詳しくは下記のリンク先の対象施設をご確認ください。
今回は79施設ある中で、子連れにオススメのスポット11施設をピックアップ。
以下に記載しているスポットはすべてぐるっとパスだけで入場できます。
小学生以下は入場無料の施設も多いので、家族のレジャーにぴったりなんです。

・恩賜上野動物園(大人600円 中学生200円 小学生以下無料)
・井の頭自然文化園(大人400円 中学生150円 小学生以下無料)
・多摩動物公園(大人600円 中学生200円 小学生以下無料)
・葛西臨海水族園(大人700円 中学生 250円 小学生以下無料)
・江戸東京たてもの園(大人400円 大学生320円 高校生中学生200円 小学生以下無料)
・科学技術館(大人720円 中学生高校生410円 こども4歳〜260円)
・東京国立博物館(大人620円 大学生410円)
・多摩六都科学館(展示室+プラネタリウム+大型映像 大人1400円 4歳〜高校生500円)
・日本科学未来館(大人620円・小学生〜18歳210円 未就学児無料)
・地下鉄博物館(大人210円 4歳〜中学生100円)
・夢の島熱帯植物館(大人250円 中学生100円 小学生以下無料)
この10施設に全部行くと通常6500円以上かかるのが、2000円のぐるっとパス一冊でOK。
特に「多摩六都科学館」に行く予定のある方はぐるっとパスが絶対お得です。
ぐるっとパスの使用期間が最初に使った日から2ヶ月間と短いので、沢山行けそうな時期を狙ってみてくださいね。

どこで購入できるの?

・「ぐるっとパス2016」全79対象施設のチケット販売窓口
・東京観光情報センター(都庁第一本庁舎1階)
・リブロ汐留シオサイト店・調布店/パルコブックセンター吉祥寺店/上野公園案内所/浅草文化観光センター(浅草雷門前)/TIC TOKYO(東京駅日本橋口) ほかで購入することができます。

もっとお得にぐるっとパスを利用するなら交通機関とのセット券

東京メトロの24時間券や都営地下鉄・都営バスの一日フリーパスとぐるっとパスがセットになったお得なセット券が販売されています。

東京メトロ24時間券(600円)2枚+ぐるっとパス(2000円)=3200円→2700円で500円お得
都営まるごときっぷ(700円)2枚+ぐるっとパス(2000円)=3400円→2700円で700円お得

またセットについてくる東京メトロ24時間券や都営まるごときっぷは2017年3月31日までの間でいつ使用してもOKです。

東京メトロの場合は実質1500円、都営の場合は実質1300円でぐるっとパスが購入できるのでイチオシです。交通機関とのセット券は東京メトロや都営の定期券売り場などで購入することができますよ。
いかがでしたか?
美術館・博物館と聞くと子連れでは行きづらいイメージがありますが、ぐるっとパス対象施設には子連れで楽しめるスポットが沢山あります。年パスとは違い、毎回違うスポットに行けるのも魅力だと思います。
是非1冊でできるだけ多くの施設に行ってみてくださいね。
15 件

この記事のキーワード

この記事のライター

子育てライター 小林 雅子 子育てライター 小林 雅子