2017年12月4日 更新

各星回りの特徴と性格

『気学』という言葉を耳にしたことがある方は、少ないかもしれません・・・。 この気学を知っていると、あなたの毎日、そして将来は大きく異なります。

太陽が昇る東に位置し、活動力や向上心がありますが直情的なところもあります。

若い頃に上昇すると、独断や強気な態度は要注意です。

【四緑木星】

春の象であり、穏やかで争い事を好みません。

興味も幅広く人脈にも恵まれますが、相手に合わせることも多い。

内面は感情の激しさもあります。

【五黄土星】

真ん中に位置することから帝王の星と呼ばれます。

人に頼らない芯の強さがありますが、自己主張は挑戦的と勘違いされないように。

吉凶が極端に現れ易い星です。

【六白金星】

天の象であり、父親星にて人の上に立つと言われます。

責任感や正義感はあるが、プライドが強く融通性には乏しく愛嬌不足のところもあります。

【七赤金星】

少女の象であり、賑やかなところで本領を発揮。

愛嬌や話術の良さから社交性が豊かで明るい反面、神経質で体裁を気にし過ぎない事がポイント。

【八白土星】

親の事業や後継者になれる頑固一徹と言える強い信念の持ち主。

お世辞などは苦手の為、とっつきにくいが内面は温厚で人情味があります。

【九紫火星】

9星の中で唯一火の象、高い理想から悩みますが冷静な判断力も。

先見性や美的センスがあり好奇心旺盛ですが、移り気なところもあります。
このように本命星の象意から、九星の主な性格を気学は読み解く事ができます。

自分探しや相手を少しでも知る事はスムーズな人間関係を築くのに役立ちます。


次回は、各九星との付き合い方についてお伝えしますので、日々の参考にして下さい。
44 件

この記事のキュレーター

黒江真帆 黒江真帆