2017年4月20日 更新

脱マンネリ!いつものカレーをカフェスタイルでいただく ~カレーの日のテーブルコーディネート~

家庭料理の定番といえばカレー。 いつも同じカレー皿でありきたりの食卓になっていませんか? 食器の使い方を変えるだけでいつものカレーがおもてなし料理やカフェ飯に大変身! 料理に手を加えず、定番メニューをおしゃれに見せるアイディアをご紹介します。

「カレー皿」という先入観を捨ててみよう

カレーをスープ皿に入れてライスと別々に盛り付けるワンプレートスタイル。
ディナープレートにスープ皿を乗せるだけでワンランクアップした雰囲気に。

プレートの余白部分にはナプキンを添えると、さらにおもてなし感が出ます。
ナプキンはIKEAなどのペーパーナプキンでもO.K.!
ランチョンマットなど周囲の色と合わせると統一感が出ますよ。

食器以外のアイテムも飾ってみよう

お花やグリーン、キャンドル、カラフェやボトルなどをセットすると、さらに充実した食卓に。

ただし、トータルのコーディネートは3色以内に収めるのがおススメ。
違うアイテムでも色やテイストを揃えるとスッキリまとまります。

今回はアクセントにお花ではなく、エアプランツをチョイス。
ユニセックスな印象で男性にも受け入れられやすい食卓です。

夕食時にはセンターのティーキャンドルを灯していただきます。

盛り付けのコツはほんのひと手間、されどひと手間

普段ご飯のテーブルコーディネート~カレーライス~ - テーブルコーディネート

ご飯は小さ目のお茶碗やコーヒーカップなどを型代わりにしてまぁるく盛り付けます。
お皿の余ったスペースにはタンドリーチキンやサラダ、ナンなどお好きなものをどうぞ♪

最後にカレーとご飯のセンターにパセリを散らせばカフェやレストランのような仕上がりに。
このなくても良いひと手間でグッと印象は変化しますよ。

リメイクすれば2日目はさらに美味しい

スキレットでカレードリア♪ - 晩ご飯

カレーは一度に大量に作れるので2~3日続いて飽きてしまうことも多いのでは?

そこで簡単に大変身をとげるのが「カレードリア」。
ご飯にカレーをかけて、チーズをトッピングしたらオーブンで焼いて完成です。

スキレットでいまどきカフェスタイル

昨年から大流行中のスキレット。
ニトスキ(ニトリのスキレット)なんて言葉もできてしまうほど。
抜群の保温性に男前なルックスを兼ね備えたスキレットをそのままテーブルに出せば一気にカフェスタイルに。木製のトレーやカッティングボードなどナチュラルなものと合わせるとさらに鉄のハードさが引き立ちますよ。
18 件

この記事のキーワード

この記事のライター

テーブルコーディネーター シミズチエ テーブルコーディネーター シミズチエ