2016年6月7日 更新

エステに通うより、年下のオトコは最大の媚薬♥︎

年下、いやオトコという生き物は、いつの時代も相手を追っかけていたいものです。 だから常に追いかけてもらえるように、外見も中身も魅力的になるように努力する!探求する!!

Vol.8『年下のオトコ』

今、巷のアラフォー女子に話題沸騰なのが、中谷美紀さん主演の「私、結婚できないんじゃなくて、しないんです。」

中谷さん演じるアラフォーの女医・みやびが突然再会した高校生時代の同級生に心惹かれながらも、瀬戸康史くん演じる一回り以上年下の彼氏が出来るお話です。

この瀬戸くんとの恋愛にアラフォー女子はきゅんきゅんさせられているわけですが。

アラフォー女子と20代男子との恋愛。
あらためて周りを見てみてわかったのです。

それは35歳を越えて圧倒的にキレイで若々しさを保っている人って、大抵年下の彼氏がいるということを。

Sweet memory in Thailand

以前はね、年下なんて、絶対にいやーーーって考えていたのに、34、5歳の頃、突然年下のボーイフレンドのような存在が出来ました。 それもタイ・バンコクで。

彼は7歳年下。
なよっとした感じはない好青年的なルックス、マッチョなボディが魅力的だったなぁ。

バンコクに旅行中のクラブで知り合ったんだけど、こちらとしてはそもそも遠距離の彼氏を探しに来ているわけじゃないし、作る気もない。まして年下にも興味がなかったし。

だからはじめはとてつもなく軽い気持ちで。
外資系のホテルで働く彼は出会った日からとにかく一生懸命で。
毎日何度もメールが来て、

「やぁ、元気?」
「何している?」
「会いたい。」と。

ま、旅行中はあまり予定を立てないので時間はたっぷりある。
だから、また会ってみようかな・・・なんて。
それから滞在中はほぼ毎日会うようになりました。
自分へのご褒美でもある旅に出ると、自分の行きたい場所に行きたい。

大都会バンコクの最新のお洒落なレストランやバー、ホテルなどなど。
だから、デートをするのも、いつもそんな場所で。

彼にとっては全てが初体験だったようで、長いまつ毛のくりくりとした目を輝かせていました。
その姿がとっても可愛らしくて。
お会計は、、、、もちろん自分持ち。
だって、ローカルのタイ人にしてみたら、ちょっと高い場所ばかりに来ているわけだし、そもそも行きたかったのは自分だし、ま、そんなに高くないし。
その分、もう何十回もタイに来ているのに、未体験だった屋台に彼が連れて行っていってくれたり。「お腹痛くならないよね、、、、」なんて一抹の不安もあったけれど、こちらとしても初体験にワクワクとして。
その他にも足裏マッサージとか、ローカルな場所では彼がいつも支払ってくれました。

年下の彼とはこれでイコールな関係。

次はあそこに行こう、明日はここに、みたいな感じで、昼も夜もとにかく元気いっぱい。

正直ゆっくりとしたい日もあったけれど、若くてアクティブな彼に手を引っ張られ、気が付くと自然に行動的に。
彼が仕事の時は、ジムでせっせと鍛え、エステでピカピカに肌を磨き、美活に励みました。
だって7歳の年の差は意外と大きく、しっかりとケアしないと、若さにはついていけないから。
年上でも、その差を感じさせないルックス作りが大切なのです。

それから一年くらいの間に、何度かタイに行き、ビーチリゾートに行ったり、島に行ったりと国内旅行も一緒に行きました。思いかえしてみると、少し胸の奥がきゅんとする甘い思い出です。

年下のオトコと上手にお付き合いする方法

20代の頃は、尊敬が出来て、自分の知らないことをいろいろと知っていて教えてくれるような、頼れる年上の男性がタイプでした。

でも、アラフォーになると、もう教えはいらない(笑) 
だって自分でいろいろと経験を積んできて、ある程度人生の酸いも甘いも知ってきたから。

人生の基軸は自分で決められる。

オッサン化してきた年上や同年代のオトコよりも、元気いっぱい、エネルギッシュなパワーを与えてくれる年下のオトコに断然魅力を感じるわけです。

当初は、年下の彼だから自分が全てを仕切って、しっかりとしなくちゃ、、、、なんて、考えていたけれど。
年上に挑んでくるような年下くんは、大抵とってもしっかりとしているし、逆に子供っぽさを感じられないように、うんと背伸びをして頑張っているもの。

だから、意外と楽なのです、一緒に居て。

二人で一緒に出かければ、食費やお酒代、旅費などがかかるもの。
これは、経済的に余裕のある年上が出せばいい。

ただ毎回全てを出してしまうと、相手の甘えを増長させてしまい、ヒモのような存在になっても困るので、ケースバイケースで。
きっちりと割り勘じゃなくて自分が多めに出すとかね。

年下のオトコと付き合う時は、「あっ、私の方が年上だから。。。」なんていう、一種の後ろめたさのような年上意識を封印すること。
だって年下の彼が選んだのがあなたなのだから、お互いが好きなっているわけだし。

年上だという意識を持ちすぎると、彼をついつい甘えさせたりしてしまうこともあるしね。

年上の恋人の魅力。

それはひとえに人生経験の豊富さと知識です。
長く生きていればウィットに富んだ会話だって出来るわけだし。

そこに年下君は尊敬のまなざしを向けるわけです。
プラスして年上を感じさせない若々しいルックスが本当に大切。ババァになってしまったら、彼の周りの若い子ちゃん達に負けちゃいますから(笑)

だからこそ頑張りましょう、自分磨き。
そして素直に甘えましょう。

自分が追いかけている年上の恋人に甘えられると、年下くんは、なんだか頼られたような感覚になり嬉しいものです。
年下くんは、人生の経験値も知識も違う年上と付き合うと、そこに追いつこうと頑張るもの。
その頑張りは彼を人としても成長させるので、まさに一石二鳥です。

うんと年下くんと付き合うならば、主導権は自分が握ること。
そして、全てがイコールということは決してないことを心得て、うまくバランスを取る。

年下、いやオトコという生き物は、いつの時代も相手を追っかけていたいものです。
だから、常に追いかけてもらえるように、外見も中身も魅力的になるように努力する、探求する。

年下のオトコこそ、精神的にも、肉体的にも、若々しさをもたらしてくれる最大の媚薬です。 エステに100回通うより強力です(笑) 

まだ若い年下くんとは将来設計が立てづらいというデメリットもあるけれど、だからこそ、先を先をと考えずに今を楽しむ。
今の小さな積み重ねが未来に繋がるのだから。
アラフォーにもなると、正直若さはあまり残っていません。

なくなったものは補給が必要でしょ。それが年下のオトコなのです♥︎
15 件

この記事のライター

Atsushi Atsushi