2017年10月11日 更新

たるみ・むくみ重力に勝つ!逆転ポーズは最高のエイジングケア

人は1日のうちで横になっている時間よりも、立っていたり座っている時間の方が長くなります。生きている時間が長ければ長いほど、重力によって身体の皮膚が下へと落ちていくのも自然なことですが、ヨガの「反転のポーズ」は身体を逆さまにすることで、足に溜まったむくみやリンパ内に流れている老廃物を心臓へ戻る手助けをしてくれます。顔に溜まっているむくみ改善!顔のくすみや美肌効果も期待できる、反転ヨガポーズをご紹介します。

プランク、ドルフィンドック、肩足上げ、頭立ち。各どのポーズも、ポーズから解放した後はすぐに立ち上がったりせず、必ずチャイルドポーズで一旦休息しましょう。特に反転系のポーズは、頭を心臓より下にしている状態から急に頭を上げると血流の関係でクラクラしたりするのを休めるために、チャイルドポーズで血のめぐりを戻す必要があります。

屍のポーズやチャイルドポーズに入って体を落ち着かせて深い呼吸をします。
焦らず、すぐに起き上がろうとしない。休息ポーズで今の体の感覚を味わいましょう。

Love my body・Love my self ! セルフエスティーム(自己肯定)を高めよう

誰もが一度は、鏡の中の自分のボディを見てガックリ。あの人の体型、ヨガポーズと見比べてガッカリ。体重計に乗って、ドンヨリした事はあるのではないでしょうか?著者も日常ヨガする人でありますが、日本のインストラクターに比べたら、かなりのお尻大きめガッチリ体型であります。美しくなりたい。あんな服が着れるようになりたいと思うことは素晴らしいことですし、欲望がなかったら人生はつまらないとも思います。

そんな私がヨガをはじめた一番の理由は、パーフェクトボディになりたいとか、引き締まった体を手に入れたいという結果(ゴール)でなく、ヨガをした後「自分のカラダが心地よくなっていく」のを感じたからなのです。

たとえ、体重が多くても、服のサイズが大きくても、毎日がエネルギーに溢れ、心地よく1日1日が楽しいと感じれる。自分や他人をジャッジ(評価)したり、クリティサイズ(批判)するなどしない。今の自分と自分のカラダをリスペクトして、セルフエスティームを高めてあげたいですね。
20 件

この記事のキーワード

この記事のライター

ヨガインストラクター 篠崎ちあき ヨガインストラクター 篠崎ちあき