2017年6月19日 更新

今月のおすすめアロマオイル “キーワードは浄化“

心身ともにうっとうしく感じる六月にオススメのアロマは、肉体的にも精神的にも“浄化・クレンジング“がキーワード。 心身を温め、刺激してくれる『ジュニパー』をご紹介します。

天気に振り回される6月は“浄化・クレンジング“がキーワード

梅雨時期は、降り続く雨や気圧の変化で肉体的にも、精神的にも不調に陥りやすい時期です。

湿度も高く、体内にはいらない水分を溜め込みがちになり、なんだか体が重い・・・。
気分が上がらず、気圧のせいもあってなんだか心も重い感じ・・・。

この時期に必要なのはどんどんデトックスです!

重いと感じるなら軽くしましょう。

デトックス効果が高く、なんといっても浄化効果に優れている『ジュニパー』というアロマオイルはご存知ですか?

和名をセイヨウネズといい、低木の常緑樹です。

小さく丸い果実を付け、青黒く熟した果実は洋酒のジンの香りづけにも使われます。


ジュニパーの心的アプローチは、ネガティブ思考に陥ってしまったときや、どうにも失敗続きで負のスパイラルから抜け出せずにイライラする日など、そこから脱出したいときに力強い味方になってくれます。

このジュニパー、遥か昔から薫香として焚かれ、悪魔払いとして用いられたり、ネイティブアメリカンも気の澱みを浄化させるために使用していたとか。

空気の殺菌効果もあり、ウッディ調の静かに深い香りは、単品で芳香浴に使用すると森林浴効果も期待出来ます。
体へのアプローチは、静脈やリンパを刺激、ジュニパーに含まれるα−ピネン成分は腎臓を刺激し働きを高めてくれるので、体内の余分な水分や老廃物をデトックスしてくれます。

定期的にこのジュニパーを使って体の大掃除をしておくと、むくみ予防や疲労の軽減、腰痛や肩凝り予防にもなります。


また、デオドラント作用にも優れているので体臭を抑え、ジメジメ季節にできやすいおこもりニキビも防いでくれます。

主な作用 

・精神安定
・自律神経調整
・うっ滞除去
・利尿
・抗炎症
・抗菌
・鎮痛
・抗痙攣
・強壮刺激
・収れん

浄化(クレンジング)バスソルトレシピ

・天然塩         大さじ2
・ジュニパーオイル    3滴
・ラベンダーオイル    2滴


ジュニパーと相性の良いリラックス効果の高いラベンダーと一緒に混ぜて、天然塩でバスソルトを作れば浄化効果も倍増です。

大量の汗とともに、ネガティブな感情も発散させてすっきりしましょう!

パワーアップさせたいときの芳香浴レシピ

・ジュニパー     2滴
・フランキンセンス  1滴

アロマディフューザーやオイルポットで芳香浴しながら、軽く瞑想してみてください。
本格的に座禅を組んでもいいですし、仰向けに寝転がってただ目を瞑るだけでも良し。

大きくゆっくり深呼吸を繰り返すことで(体のなかの嫌な感情を吐き出すイメージで)、フランキンセンスが心を深く鎮めてくれるのと同時に、ジュニパーが不要な感情を浄化してくれます。
重怠い梅雨時ですが、心と体を浄化(クレンジング)して軽やかな毎日を過ごしていきましょう!
15 件

この記事のキーワード

この記事のライター

食生活アドバイザー 佐々木留美 食生活アドバイザー 佐々木留美