2016年9月12日 更新

今すぐ始めよう!老け見えの原因「たるみ毛穴」を防ぐケアとは

老けて見える肌の特徴の一つに、毛穴の目立ちがあります。特に、頬の毛穴が楕円形に伸びてしまった「たるみ毛穴」は、年齢を感じさせるものです。たるみ毛穴がさらに進むと、毛穴同士が小ジワで繋がった帯状毛穴になってしまうことも。そうなる前に、早めの対策を!

たるみ毛穴のチェック方法

毛穴の悩みとしてよく挙げられるものとして、「毛穴の詰まり」「毛穴の開き」「毛穴のたるみ」の3つがあります。
それぞれにケア方法が変わってくるため、自分がどのタイプなのかをチェックすることが大事です。

たるみ毛穴の場合には、下記のような特徴があります。

・加齢とともに目立つようになった
・特に頬の毛穴が目立つ
・毛穴が楕円形をしている
・皮膚を上に引っ張ると目立たなくなる

当てはまった方は、たるみ毛穴が起きているかもしれません。

たるみ毛穴の原因

年齢を重ねると、肌の弾力が低下して皮膚もたるんでくるため、毛穴周辺が陥没したようになってきます。
さらに重力によって毛穴が下に流れ、毛穴が楕円状になって目立つようになります。

このたるみの主な原因は、加齢とともに、皮膚の土台となる真皮層で、ハリや潤いを保つコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸といった成分が減少してしまうこと。
40歳頃から急激に減少してくると言われています。

しかし、加齢によるものと諦めてしまってはいけません!
早めの対策で、たるみ毛穴を防いでいくことができます。

たるみ毛穴を防ぐ対策

1.スキンケアは保湿と補修がポイント

たるみ毛穴の基本的ケアは保湿です。
皮膚の一番外側にある角質層は、乾燥するとはがれやすくなり、肌表面のキメが荒くなります。
そうなると余計に毛穴が目立って見えてきます。
元々オイリー肌で毛穴が開きやすいタイプの人は、べたつくからと保湿を疎かにしがちですが、これは絶対NG。
乾燥のせいで逆に油分が多く出て、ますます毛穴が開くこともあります。

さらにたるみを防ぐには、抗酸化作用を持ち、コラーゲン生成に関わりの深い「ビタミンC誘導体」や「レチノール」などが入ったスキンケアがおすすめです。
壊れていく細胞を補修する成分を意識的に使いましょう。

また、肌老化の予防に必ずしておきたいのが紫外線ケア。
老化の80%が紫外線によるものとも言われていますので、日常的なUVケアは忘れずに。

2.食事はタンパク質と野菜を意識して

皮膚を支える真皮層のハリをキープするには、スキンケアだけでは不十分です。
コラーゲンの原料となるタンパク質を含む食品、肉、魚、卵などをしっかりととるようにしましょう。
ただし、肉類メインの食事は脂肪分も増えることが多いので、毛穴の開きが気になる方は脂肪分をとりすぎないように注意して下さい。

また、タンパク質をとるのと同時に、抗酸化ビタミンを多く含む野菜をとることも大切です。
抗酸化物質はお互いに補強し合っているものが多いので、特定の食物に偏らないように色々な種類の野菜や果物をとることが効果的だと言われます。

バランスの良い食事をとることは、肌の代謝を高める上でも重要なので、ぜひ心がけたいものですね。

たるみ毛穴には、体の外側からと内側からの両方のケアを行うことが効果的です。
地道なケアに感じますが、数年後の肌はきっと大きく変わってくるはず!
至近距離でも自信を持てる、毛穴レスな肌を目指していきましょうね。
14 件

この記事のキーワード

この記事のライター

美容研究家 奥島美帆 美容研究家 奥島美帆