2016年6月5日 更新

ベタベタしないオイルの使い方 一流ホストに学ぶ触りたくなる肌の作り方

暑くなってくると更に放っておきがちなボディケア。オイルはベタベタすると敬遠されがちですが使い方一つで頭皮からボディ、顔までと悩みに合わせてオールマイティにケアする事ができます。オイリー肌の人こそ、オイルでの正しいケアで皮脂を抑える事も可能です。1本あれば何でも使える優秀ボディオイルを味方につけて更なるキレイを目指しませんか?

一流ホストに学ぶ 触りたくなる肌の作り方

美容効果の高い素晴らしいオイル!それでもオイルのベタつきが気になる、衣服や家具に油分が付くのが嫌!オイルのベタつきが気になる方が多いのは事実。でも、オイルにはクリームにはない肌を呼吸させながら潤い肌を作ってシルキーな肌にしてくれる利点があります!しかもベタベタしない方法があるのです。

トップクラスのホストの方の肌を触ったことがあるのですが、その方も長い事、オイル美容を続けておりました。

艶々な張りのある40代には到底見えないボディをしていましたが、やり方はとても簡単!お風呂上がりの濡れた肌にオイルを馴染ませるだけ!肌に付いた水分と良質のオイルがスーっと、馴染み乳化することによってベタつきが気になることなく肌に吸収されシルクのようなスベスベの肌の出来上がりです。

お風呂上りでなく、通常の乾いた肌の上で使う際はオイルの横に化粧水や水を用意してください。オイルを付けた肌の上に化粧水や水をつけて馴染ませればオイルのベタつきは気にならなくなります。

どうしてオイルがオススメなの?

私達の皮脂の構造と多くの美容オイルとは構造が似ているため相性が非常に良く隅々まで、オイルがいきわたり保湿力を高めてくれます。肌のコンディションを良い状態に導き、強くしてくれるのです。そして、オイル1本で肌や頭皮のクレンジング、保湿や柔軟性なども高めてくれるなど知れば知るほど私達の美容の味方になってくれるアイテムなんです。

オイルを選ぶときは質にこだわろう!

美容に効くオイルは、そんなに安い物でもありません。ですが安いには安いなりの理由があるものです。1番の理想は「オーガニック」そして高温で処理されていない「コールドプレス」※低温低圧圧縮法と呼ばれるものを選ぶことです。低温でゆっくりと圧搾したものは栄養分も豊富で酸化せず、私たちの肌や身体に必要なビタミン、ミネラルを補ってくれる効果があります。オイルの保存には遮光してくれるガラスタイプの物を選んで酸化を防ぐことも大切です。肌からも栄養分を補うつもりで私のサロンでも低温圧搾の良質なオイルを症状別に合わせてブレンドしています。

身体や肌の状態に合わせてオイルを選ぼう!

~迷った時はホホバオイル~
医療の現場でも使われるホホバオイル。ワックスエステルと呼ばれる人の肌にも含まれている成分がホホバオイルには1番に含まれています。保湿力だけでなく人間の皮脂と非常に似ているため肌に塗ることで肌が自分で皮脂を分泌していると思い皮脂の分泌を減らしてくれるので、オイリー肌の方やアレルギー、敏感肌の方はもちろん、どの肌質の方にもオススメです。抗酸化・抗菌・抗炎症作用などの効果があり美容オイルの中でもトップクラスといえます。

~硬い脂肪肥り・デトックスにはオリーブオイルを~
オリーブオイルの色素成分であるクロロフィルは体内の毒素を排出するデトックスする効果があります。脂肪を摘まんでみて硬く張っている感じがする方のマッサージには最適です。また、天然の乳酸が含まれており、私たちの肌を優しくピーリングしてくれ肌のターンオーバーを促進させてくれる働きもあります。

~冷え取り・毒だしにはセサミオイルを~
アーユルベーダでも使われるセサミオイルは、若返り効果があるオイルとも呼ばれ、あのクレオパトラも愛用していたとか。ボディや顔に塗ると、むくみがすーと落ちつく効果があるので女性に多い脚のむくみや冷えにも大変効果的です。セサミオイルとは、つまりゴマ油の事ですがスーパーで売っている茶色いゴマ油とは似て非なるもの。セサミオイル美容で使うのは「白ゴマ油」です。

~女優オイルとも呼ばれるローズヒップオイル~
最近ではミランダ・カーさんやモデルの道端ジェシカさんなどが愛用するオイルとして話題のローズヒップオイル!ヨーロッパでは何十年も前からアンチエイジングオイルとしても有名です。野生のノバラの実から採れる大変希少な美容オイルの為、お値段は少々、高いですが美容効果は抜群です。1番の特徴は95%が美肌成分という驚くべき成分構成です。保湿効果・美白効果・ハリ・弾力・整肌効果・ニキビ・ニキビ跡・妊娠線などに効果的でいて、肌に浸透するオイルの為、ベタつかず潤いに満ちた肌へと導く美容液のようなオイルです。

終わりに

温かくなってきて保湿対策をしない方が増えてきますが、紫外線にもあたって春・夏の肌は意外にも乾燥しています。ダメージは想像以上です。毎日の心地よい習慣が大女優やモデルさんのような美しい肌を作っていきます。皆様が楽しんでケアできますように。
15 件

この記事のキーワード

この記事のライター

管理栄養士・エステティシャン 前原英美 管理栄養士・エステティシャン 前原英美