2018年1月17日 更新

アンベリール・カリーで目指せバイタルアップ!!

“アンベリール“とはフランス語で美しくなると言う意味。美を追究するのなら、まずはバイタルアップでエネルギーから美しくなりませんか?

とっても奥深いスパイスの世界

インドのスパイスは中国の漢方薬とも言われるように、スパイスはとても豊かな薬効が立証されています。

肝機能や胃腸の活性化はもちろん、疲労回復にも効果的です。

肝機能が活性化されると、肝斑やシミの改善・美白効果、胃腸が活性化されると便秘解消や冷え症の改善・ダイエットの効果があります。

ちなみに最近では、ターメリック(ウコン)に歯を白くする効果があると巷で話題になっているんですよ。
女性にとって良いこと尽くめですね!

カレーで活力の底上げ!

スパイスを使った代表的な料理といえば『カレー』。
カレーにはニンニクやしょうが、玉ねぎ、小麦粉、肉、隠し味にコーヒーやチョコレート等を入れたりしますよね?

実は今挙げた食材、全てに精力が増す効果があると言われています。

特にたっぷりと使用する玉ねぎは滋養強壮効果がとても高いんです。
そこに万能薬であるスパイスが加われば・・・鬼に金棒です!(笑)

もちろん、カレーに使われるスパイスには滋養強壮や消化器の活性化成分が大量に含まれています。

その他にも精神状態を安定させ不安な気持ちを鎮静させるもの(男性は精神的ストレスによるEDの改善など)、辛味成分でアドレナリンを出し、興奮状態にさせる効果を発揮するものもあります。
なかでも驚きの効果があるのが、有名なスパイスのひとつである“ナツメグ“です。

肉料理の臭み消しとしてハンバーグなどにも使われることでご存知の方も多いこのスパイスには、『ミリスチシン』という物質が含まれており、このミリスチシンを大量に摂取すると惑乱状態を引き起こすと言われています。

この作用を利用し、ナツメグが媚薬として使われたという歴史もあるくらいなんです。というと、少し危険な感じもしてしまいますが、カレーに使用する程度でしたら何の問題もありません。

この効果を期待して、過剰投入しないように要注意です。(笑)

おうちカレーにガラムマサラをちょい足しでワンランク上の味に!

ガラムマサラとは、カレーのみならず万能に使えるミックススパイスのことです。

カレーに使う場合、完成した物に最後の仕上げでほんの1、2さじ加えるだけで風味が一気にアップします。
これだけで普段のおうちカレーが、こだわりの本格カレーに変身!!

ガラムマサラはミックススパイスなので、物によってスパイスの内容が異なります。
色々試してお好みのオリジナルカレーを作るのも楽しいですね。

妊活中やちょっと元気をつけたいときにも!

ちょっと最近お疲れ気味・・・と感じる方。

ただいま妊活中という方にはパートナーと一緒に。

今夜のメニューは、玉ねぎをふんだんに使ってナツメグを効かせたスパイスカレーで、バイタルアップしてみませんか?

美味しく食べて、身も心もアンベリールな日々を♪
13 件

この記事のキーワード

この記事のライター

料理研究家・美容研究家 かほ里 料理研究家・美容研究家 かほ里