2017年5月22日 更新

もしかして私、におってる?梅雨時のニオイ対策とは。

不快指数75以上になると人は不快に!特に私たちの鼻は、湿度と密接な関係にあります。これからの季節は特に、汗もニオイも気になるもの。今回は、簡単デオドラント方法と日頃の習慣の見直しをご紹介いたします。

不快指数75以上になると人は不快になります。

私たち人間は発汗機能が発達しているので、基本的には暑熱への耐性が強いもの。でもね、湿度が高い状態では、発汗しにくくなるので、「蒸し暑い」と感じるそうです。
例えば、気温27°C・湿度55%で不快指数75であり、気温29°C・湿度70%で不快指数80。不快指数が75を越えると人口の一割が不快になり、80を越えると全員が不快になります。本来、快適で健康的な湿度は40-60%といわれています。

湿度が高くなると敏感になる鼻。

“犬の鼻先はいつも湿っている”といわれているように、鼻にある嗅覚組織の方にも適度な湿気が必要です。日本と欧米とでは、同じ香水でも香りに差があったり、比較的日本人が匂いに敏感だといわれるのは、湿度の高い日本の気候風土にも関係があるといわれているのです。湿度が高くなるこの時期は私たちの鼻はより敏感になるのです。
出典:住まいの図書館 住まいと匂いを考える | 東リ 住まいとインテリア | 床材、カーペット、カーテン、壁紙、ラグマット

生活の中で見直すこと!

特にデオドラントを気にするのであれば、毎日、コーヒーではなく、緑茶やペパーミントなどのハーブティで身体の内側から意識すること。それから、油のたくさん入ったファストフードや揚げ物は控えて。ラーメンはこの時期かなりニオイますから要注意!バスタイムは、こんな炭入りの黒石けんを使いましょう。消臭効果はバツグンです!

梅雨時期にお勧めの精油

もちろん、香りも重要。湿度が高いと、悪臭がより悪臭になります。デオドラント効果もあるこんな時にお勧めの精油は、清涼感のあるペパーミントやスペアミント。それから殺菌作用のあるティートリーやユーカリ。こんな香りでデオドラントミストを作っては?お手軽なのは、ペパーミントのフローラルウオーター!これなら、容器に移し替えるだけで、デオドラントミストに早変わり。

クシュクシュ新聞でいやな梅雨時の玄関のニオイを一掃。

さて、ここで簡単アロマ!私たちの中で一番におうとされている足もと。
特に玄関は要注意!これなら、簡単に、靴の消臭ができますよ。
【ご用意いただくもの】新聞 上記の精油一本 靴
①新聞を1/2~1/3に手で裂きます
②それをクシュクシュっと丸めます(ぜひお子様とご一緒に!)
③そこに精油を一滴落とす(手につかないようにご注意!)
④靴に入れます

コストも10~20円

ざっくりとご提案しましたが、常日頃の意識がとても大事です。
食べるもの、手にするもの、ちょっとだけ意識するだけでも毎日が違ってきます。
こんな風に、梅雨でもアロマを活用してみてくださいね。
(コストもかかりません。一滴あたり10~20円ほど)
では、お試しあれ!
15 件

この記事のキーワード

この記事のライター

花と香りの生活研究家 青木恵 花と香りの生活研究家 青木恵