2016年8月30日 更新

子供とのレジャー費用の節約法、年パスのススメ

休日のレジャー、楽しいけれども結構お金がかかっていまいますよね。 そんな時にオススメなのが「年パス」。 子どもたちが大好きな遊園地や水族館、動物園をとってもお得に利用することができます。

年パスとは?

施設によって名称は異なりますが、1年間何度でも繰り返し使えるパスポートのこと。
入場料やアトラクションが無料で利用できるだけでなく、同伴者の入場料やレストラン、系列の施設、駐車場が割引になるなど年パス保持者だけのお得な特典がついてくる施設などもあります。

どれぐらい行けばお得?

2回で元が取れる施設もあれば、年間12回以上行かないと元が取れない施設など料金設定は様々です。

2回以上行くならば年パスの方がお得な施設の一例は
・アクアパーク品川
・すみだ水族館
・サンシャイン水族館
・八景島シーパラダイス
・新江ノ島水族館
・日本科学未来館
など。
水族館は2~3回で元が取れる施設が多いので、水族館好きのお子さんがいらっしゃる方にとてもおすすめです。

また動物園は元の入園料が500円前後でもともと安いからか、年パスは5回分ぐらいの価格設定になっている所が多いです。

ちなみにみんな大好きディズニーリゾートは、ランドorシーどちらか専用の年パスで9回以上、2パーク共通の年パスの場合は13回以上行くと年パスの方がお得になります。

どこの年パスを買えば良い?

自宅から行きやすく、お子さんがすごく楽しんでいて、「また行きたい!」と思う施設の年パスを購入しましょう。
2回行けば元が取れるからという理由で自宅から遠いレジャー施設の年パスを買っても、なかなか遊びに行けなかったり、年パスを買ったから連れて行くものの、子どもが全然楽しんでいない、というのでは年パスの意味がありませんよね。

初めて遊びに行った時にいきなり年パスを購入するのではなく、一度通常のチケットで入場してみて、気に入ったら年パスを購入する、という流れが良いと思います。

USJや八景島シーパラダイスは通常のチケットで入場後、当日差額の支払いで年パスにアップグレードできるサービスもあるそうですよ。

シニアには特にオススメの年パスも!

60歳以上のシニア用の年パスはお得な価格設定になっている施設もあります。
例えばとしまえんの年間パスポート「木馬の会」は通常大人21,600円→シニアは5,400円、西武園ゆうえんちの「年間パス」は通常大人15,000円→シニアは5,000円。とってもお得なんです!
おじいちゃん、おばあちゃんが近くに住んでいる方は、一緒に年パスを買って遊びに行くのも楽しそうですよね。

割引サービスも見逃さずに!

ここまでお得な年パスをご紹介してきましたが、年パスを買うほど頻繁には行かないという方は、正規の入場料やフリーパスが割引になるサービスもぜひ利用してみてください。
JAF会員の割引や福利厚生サービスの「Club Off」「ベネフィット・ステーション」「WELBOX」「リロクラブ」など、使えるサービスがある方は、行きたいレジャー施設の割引があるかどうか確認してみてくださいね。

いかがでしたか?
毎回かさんでしまうレジャー費用ですが、年パス、割引サービスを上手に利用すると節約できますよ。
13 件

この記事のキーワード

この記事のライター

子育てライター 小林 雅子 子育てライター 小林 雅子