2016年4月18日 更新

なんだか眠れない・・・。そんな夜には “香り”を使おう!

毎日の睡眠は、私たちの体を健康に保つために何よりも重要なもの。 しかし、疲れやストレスでなかなか寝つけない時もありますよね。そんな時には「香り」の力を利用してみてはいかがでしょうか。

香りの効果

心地よい香りを嗅ぐと、落ち着いてリラックスしたり、気持ちを切り替えてリフレッシュできたりと、香りには様々な効果があります。
嗅覚の刺激は、視覚や聴覚と違い、ダイレクトに快・不快などの情動に関わる大脳辺縁系に伝わります。そのため、知性や理性で判断する前に、反射的に私たちの心を動かしてくれるのです。
この力を使わない手はありませんね。

睡眠に効果的な香り

写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

安眠のために効果が高いと言われる香りは色々とありますが、代表的なものは以下になります。

1.ラベンダー

眠りの香りとして代表的なラベンダーは、主成分の酢酸リナリルが中枢神経の伝達を抑制するため鎮静作用、鎮痛作用、睡眠作用があります。

2.カモミール

海外ではカウンセリングの治療薬としても使われるカモミール。ストレスや不安を解消してくれます。

3.柑橘系の香り

オレンジスイートやネロリなどの柑橘系の香りは、ストレスや緊張を和らげてくれます。気分を明るくする作用もあるので、うつ状態の改善にも。

4.樹木系の香り

ヒノキやスギの香りに含まれる「セドロール」には、自律神経に作用してリラックス効果をもたらします。アロマオイルとしては、シダーウッド、サンダルウッドなどに多く含まれています。
写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

21 件

この記事のキーワード

この記事のライター

美容研究家 奥島美帆 美容研究家 奥島美帆