2016年4月26日 更新

運動後の食事って何を摂れば良いの?

意外と知らない運動した後の食事法。運動しても効果がでない。。疲れが残る。。などの心当たりがある方は効果的な食事法を知ることで結果が変わってきます。

運動後のケアは食事で出来る

ダイエットを心がけて、スポーツジムやヨガに通う毎日。美しい身体を目指し、毎日のようにトレーニングをすることは良いことですが、運動している割には身体のラインに変化がない。疲れや筋肉痛が酷くて体力がついた感じもしない。。。ということはありませんか?心当たりがあるようならば、運動後のケアが足りないのかもしれません。ケアといえばストレッチやマッサージを連想されると思います。ストレッチやマッサージも筋肉や身体の為に必要なのですが、より大切なのは食べ物です。身体を作るのは食べ物ですから、それがいい加減だとダイエットを逆効果にしてしまう可能性もあるのです。

運動の前には何を食べれば良いの?

トレーニングを空腹で行えば身体の脂肪が使われてダイエットになるのでは?と思われる方もいるかと思いますが、激しい運動時には筋肉を分解してエネルギーとして使われてしまう場合があります。そうなると糖質が不足していることで長く運動することも難しくなり疲れてしまいます。そうならない為にも運動直後の食べ方に気を付けるだけでなく運動前の軽い食事をとることが重要です。運動中の身体に負担にならない為にも運動を開始する30分か1時間前には身体に充分な糖質を摂り入れられるバナナ1本か、リンゴやオレンジなどの果物2分の1個から1個、果汁100%のジュース1杯、おにぎり1個程度を目安に摂取することがオススメです。

運動直後には何を食べれば良いの?

運動直後の身体の状態は有酸素運動を中心に行ったのであれば、大量のエネルギーを消費して血中の脂質や糖質が不足している状態、ウェイトトレーニングなどを行ったのであれば筋肉細胞がところどころ損傷している可能性があるので細胞の修復にタンパク質が必要となります。トレーニング直後の30分は成長ホルモンが大量に分泌され筋肉がつきやすいゴールデンタイムです。とはいえ、激しい運動の直後は身体も疲労していて消化能力も落ちています。運動後の30分は身体のクールダウンをしっかりとしながら消化吸収しやすいプロテインやアミノ酸飲料、牛乳や豆乳などタンパク質と糖質をバランス良く含んだ飲み物から摂取することベストです。
運動直後の食べ物は夕食までの繋ぎと考えて、細胞の修復や糖質を補ってくれる飲み物を30分以内を目安に摂取するよう意識しましょう。

夕食は定食スタイルを腹6分目で!

運動後の身体の疲れや細胞の修復や筋肉を作ってくれる1日の終わりの夕食。タンパク質だけ摂っていれば安心!とスポーツする方は特に考えているかもしれませんが、糖質やタンパク質、ビタミン、ミネラルをバランス良く摂ることが代謝の良い身体を作る上でも、使った筋肉を修復する為にも大切です。ダイエットを意識している方は、定食スタイルを腹6分目で食べれば安心です。

12 件

この記事のキーワード

この記事のライター

管理栄養士・エステティシャン 前原英美 管理栄養士・エステティシャン 前原英美