2018年1月10日 更新

年明けは「胃腸リセット」ヨガポーズ

年末年始から続いた行事などで、ひたすら飲んで食べて。人と一緒に居る時も長かったり、胃腸も疲れて体も頭も重い・・そんな時は、ヨガで胃腸を刺激して体内をデトックス。お腹を「伸ばす」「ねじる」「反転する」「刺激する」この4つを行うだけで、体内の滞りがすっきり「溜め込まない体をつくる」ヨガポーズをご紹介いたします。

2:枕を使ったワニのポーズ ビギナーバージョン

枕かクッションを2個用意します。仰向けに寝て、両腕を肩の位置で伸ばします。手のひらは上に向けましょう。息を吸いながら左足を曲げて、吐きながら左膝を右側に倒します。この時に、曲げた「左ひざの下」に枕を2個積み重ねて、ねじりに負荷がかかりすぎないように足をサポートします。顔は左に向け、あごの力を抜いてねじりを深めます。キープした状態で深く5回〜10回呼吸します。

反対側も同様に行います。

3:ツイストした鳩のポーズ 

*鳩のポーズ(足)
四つんばいの姿勢から両手の間に右膝を出し、右太ももをマット端と平行に揃えます。左足を後ろに伸ばし、つま先まで真っすぐに。両手のひらは床に着けて上半身は起こした状態に。

*上半身のツイスト
息を吸いながら右腕を「左のわき」の下を通って、右腕の外側・右肩・右側頭部をマットに落ち着けていきます。このままキープした状態で深い呼吸を5回ほど繰り返します。

反対側も同様に行います。
ポーズを解放するときはゆっくりと上半身から起こしていきましょう。

お腹を「反転させる」

普段私たちは寝てる時以外は、頭が上、腰が下という体勢でいます。食べすぎで重たくなった胃腸は支えきれずに上から押しつぶされるように下垂し、うっ血して流れが悪くなります。反転=体の上半身をひっくり返すことは、下垂しがちな内臓を、身体を逆転させることで正しい位置に戻し、詰まった内臓周辺にスペースを生むことで働きを活性化させてくれます。

1:ソファーで足上げ反転 ビギナーバージョン

2:ショルダースタンド(肩立ち)

*首へ負担がかかりすぎないように、肩のラインまでヨガマットを折り曲げたり、ブランケットや毛布などを肩〜肩甲骨の下に弾くと首への負担が軽減されます。

仰向けになり、両脚を天井に向けて持ち上げる。肘を曲げて腰を両手のひらで支え、上腕の後ろ側と肩で床を押して、背骨上背部を床から離す。骨盤が肩の真上にくるようにし、胴体を床に対してほぼ直角にして、つま先を天井方向へと伸ばす。キープした状態で深く呼吸を5回〜10回ほど繰り返します。

ツボを「刺激」する

硬式のテニスボールを用意します。100均に売っているようなもので大丈夫。1個で足りる部位もありますが、マッサージしたい場所によっては2個あると便利です。刺激が強すぎて痛い人は、テニスボールを靴下の中に入れたり、ベッドやソファー・布団の上など下が柔らかい場所で行うと、圧が和らぐので寝る前にもおすすめですよ。

胃腸のツボ <胃兪(イユ)>

胃の不調全般に有効とされています。特に消化機能を整える働きがあるため、食欲不振や過食気味が気になるときにテニスボールの上に寝転がるだけでOK!場所は、胃の裏付近にある背骨の両側。仰向けに寝て、げんこつにした手を背中の下に回し入れた際に当たる部分です。その位置にテニスボールを、「背骨を挟んだ両側」に入れます。

ヨガで体がゆるんだら、潜在意識に願望を送ろう

34 件

この記事のキーワード

この記事のライター

ヨガインストラクター 篠崎ちあき ヨガインストラクター 篠崎ちあき