2018年1月10日 更新

年明けは「胃腸リセット」ヨガポーズ

年末年始から続いた行事などで、ひたすら飲んで食べて。人と一緒に居る時も長かったり、胃腸も疲れて体も頭も重い・・そんな時は、ヨガで胃腸を刺激して体内をデトックス。お腹を「伸ばす」「ねじる」「反転する」「刺激する」この4つを行うだけで、体内の滞りがすっきり「溜め込まない体をつくる」ヨガポーズをご紹介いたします。

ヨガは心身のリラックス効果が高いことから、自律神経のバランスも整い、ヨガを実践している人にはポジティブな思考を持つ人が多いのも魅力のひとつです。普段から緊張しやすい、不安になりやすい。左脳タイプで疑い深かったり、ああでもないこうでもないと考えてしまう。「私なんて」と自己否定してしまう。「私はこんなもの」と自己評価が低い。がんばり過ぎてストレスがたまっている人。楽しいことやうれしいことを素直に喜べない。こういう傾向のある人は、たいてい、心の深いところで自分を嫌っていて認めることができません。

願望が届きやすい人は「いったん手放すこと」

2018年、自分の願望や想いを叶えたいと思う時、嫌いな自分の部分や、ダメなところを直そうと必死になるよりとりあえず「体を動かして、自分のコリや、体の緊張をほどく」ことをはじめてみましょう。それだけで頭の中の不安、不満、怒り、悲しみ、恐れ、ストレスなどが徐々に溶け出していきます。ゆったりと呼吸をすることは、幸せホルモンが分泌され、脳もリセットされて心と体にも余裕が出てきます。

身体からのアプローチはほんとうにパワフルです。頭ばかりが動いて、リラックスが足りないと思ったら、一度その「執着や思い込み」を手放すために、自分の身体と繋がる時間を大切にしてみてくださいね。
34 件

この記事のキーワード

この記事のライター

ヨガインストラクター 篠崎ちあき ヨガインストラクター 篠崎ちあき