2016年4月4日 更新

極寒の地で生まれた奇跡のキノコ

チャーガティーっていうお茶をご存知ですか? お茶はお茶でもその正体は幻のキノコなんです。

森の黒ダイヤ

お茶が大好きな筆者ですが、カラダに良いお茶としてじわりじわりと来ているお茶があります。
その名は『チャーガティー』です。

お茶とは言いますが実際はコレ、何かの葉や花などではなくなんとキノコ!

別名シベリア霊芝といい、和名は樺のあな茸といいます。
主にロシア、ヨーロッパ、北海道や中国の東北地方など寒さが厳しい地域に生息しています。
シベリア霊芝はサルノコシカケの一種です。
十年以上もの年月をかけて生きた白樺の樹液は、ミネラルや多糖類を豊富に含んでいてこの栄養素を吸って成長するキノコは、寄生した白樺を枯らせてしまうほどの強い生命力を持っています。
チャーガは白樺の木二万本に一本しかないといわれるほど大変稀少なキノコで、それ故に『森の黒ダイヤ』、『奇跡のキノコ』、『幻のキノコ』と俗名がつくほどなのです。

チャーガの神秘的な力

SOD(スーパーオキサイドディスムターゼ)という物質をご存知ですか?
人間の身体にも存在する、活性酸素を除去してくれる抗酸化物質の代表的存在です。
ですが、このSODは二十歳をピークに四十歳を過ぎるとなんと半減してしまうのです。

チャーガはこのSODと同じ働きの『SOD様作用物質』があり、その含有量はほうれん草の250倍、ケールの60倍、免疫力アップで有名なアガリスクの23倍!
他にも水溶性グリニン(ポリフェノールの一種であり、食物繊維でもある)の含有量も高く、キノコに多く含まれるβグルカン、フラボノイド、イノシトールなど成分も多様です。

効果効能についても

・免疫力の向上
・生活習慣の予防
・高血圧、動脈硬化の予防
・糖尿病と合併症の予防
・アレルギー症状の緩和
・肌のアンチエイジングケア
・眼精疲労
・加齢臭が心配な方
・腸内環境を整える
と様々なお悩みにアプローチしてくれます。

原産国ロシアではガンや肝臓病の予防、治療薬としても認められています!

どんなにカラダに良くても続けられなかったらどうにもなりませんよね?

このチャーガティー、煮出してみるとコーヒーか黒ウーロン茶のような色の液体になります。
これだけの効果効能が謳われるのだから、さぞかしその味は苦いのか臭いのか、はたまた微妙に不味いのか。。。
なんてかなり覚悟して飲んだのですが、思い切り肩すかしを喰らった感じの無味無臭。
えっ?良薬口に苦しって言うじゃないか!と思わず言ってしまいそうになるほど全くクセがないのです。
クセがないから飽きもこないし、どんな場面でも邪魔にならずに飲めるお茶。
しかもタンニン、カフェインが含まれていないので老若男女問わずお休み前でも飲めるんです。

是非一度、森の黒ダイヤをいつものティータイムに!
12 件

この記事のキーワード

この記事のライター

食生活アドバイザー 佐々木留美 食生活アドバイザー 佐々木留美