2016年8月8日 更新

「ぶっかけ素麺」を和モダンスタイルで~料理が苦手な人のためのテーブルコーディネート~

夏はさっぱりツルッと食べられる素麺が恋しくなる季節。ささっと作れるので料理が苦手な私たちにもありがたい存在です。今回はそんな簡単メニューの「ぶっかけ素麺」を和モダンなテーブルでいただきます。

使用アイテム

暑い夏は料理も省エネで行いたいですよね。
そんな日のメニューはシンプルに「ぶっかけ素麺」とデザートの「冷やしぜんざい」の2種。

テーブルもシンプルに黒・ガラス・グリーンでコーディネート。
使用する食器やグッズはIKEAのものなどリーズナブルなものばかりですが
安っぽくならないようモダンに仕上げていきます。

・ガラスボウル(IKEA)
・黒いプレート(IKEA)
・ランチョンマット(IKEA)
・ガラス湯呑
・シルバーのお椀(大阪 道具屋筋店舗)
・黒い小皿(アクタス)
・ガラス急須(ハリオ)
・竹箸(無印)
・ガラススプーン(スガハラガラス)
・ポットスタンド
・花器(IKEA)
・もみじ
・てぬぐい
・テーブルクロス(IKEA)

「涼感」を出すワンポイントを入れる

「植物」を活用する

テーブルコーディネートをする際に外せないのがナプキン。
今回は和食ということもあり、和柄のてぬぐいをナプキン代わりに用いてみました。

折り方は、まず細長い長方形に折りたたんで、それを真ん中に向かって一度結んだだけです。

さらに、もみじの葉をてぬぐいにセットすると一気に夏らしさを出すことができます。
もうすぐ七夕。
もみじでなくても笹の葉なんかもいいですね。

ガラスボールの脇に上記のてぬぐいを添えてセッティング。
鮮やかなグリーンが黒いプレートに映えます。

ガラスを活用する

デザートの冷やしぜんざいはモダンなお椀に。
スプーンも一緒にセットするため、黒い小鉢を受け皿として使います。

スプーンは竹製のものと迷いましたが、黒い器やシルバーのお椀と合わせると
重たい印象になってしまうため、スガハラガラスさんのガラス製のものを使用。
クリアで透明感があるため、これがひとつ入るだけで涼しげな印象になります。
26 件

この記事のキーワード

この記事のライター

テーブルコーディネーター シミズチエ テーブルコーディネーター シミズチエ