2016年4月18日 更新

「効く」コスメの選び方 ~プラシーボ効果を味方につけよう~

みなさんはどんな想いでコスメを選んでいるでしょうか? 肌悩みや状態に働きかけてくれる説明やうたい文句、クチコミなどを見て、「良さそうだな」「効きそうだな」と手に取ることかと思います。 実は、その選ぶコスメの効果をアップさせてくれる秘訣があります。 それは、「信じること」。 嘘でしょ?と思われるかもしれませんが、これはプラシーボ(プラセボ)効果といい、学術的にも証明されているのです。

写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

プラシーボ効果とは?

写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

プラシーボ効果は、元々、医療の世界で薬理効果の無い偽薬を処方しても、薬だと思い込むことにより何らかの改善が見られることから発見され、研究発表されました。
それは単なる自覚症状に留まらず、客観的に測定可能な状態の改善としても現れています。
しかも、偽薬と判っていて処方されても効果を発揮するのだとか。
ノンアルコールビールで酔ったようになるというのを想像すると解りやすいかもしれませんね。
このプラシーボ効果は医薬品だけでなく、コスメはもちろん、サプリメントや食品など様々なものに対しても言えるとされています。

「効く」コスメは「信じる」コスメ

写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

プラシーボ効果をコスメに当てはめるならば、「このコスメ、本当に効果があるのかな?」「効くわけがない」と思わず、「効きそう!」「これでキレイになる!」と信じて使う使う方が効果あるといえます。
高級なコスメ、話題のコスメの評判が良いのは、「高かったから効果があるはず」「みんなが良いと言っているから効くはず」というプラシーボ効果もあるのでは?

逆プラシーボ効果もある

プラシーボ効果の反対としてノセボ効果というのも存在します。
これは、偽薬を処方されたのに、副作用があるのではないかという思い込みから、本当に有害な副作用が起こることで実証、研究されました。
ということは、コスメにおいても「あれはダメだ」「これもダメだ」という思い込みでノセボ効果が引き起こされる可能性がありますよね?
もちろん、一概に全てがノセボ効果とは言えませんが、評判にばかり惑わされず、的確に肌の状態を判断したいものです。
世の中には、「信じるものは救われる」という言葉があるように。
せっかく想いを持って手にしたコスメなのですから、良いところを信じて効果を発揮しましょう。
11 件

この記事のキーワード

この記事のライター

コスメコンシェルジュ そうまみき コスメコンシェルジュ そうまみき