2017年12月18日 更新

貴方にとって“気学鑑定“を有意義なものにするには!?

『気学』という言葉を耳にしたことがある方は、少ないかもしれません・・・。 この気学を知っていると、あなたの毎日、そして将来は大きく異なります。

貴方にとって“気学鑑定“を有意義なものにするには!?

この時期になると、来年は一体どんな年になるのだろう?と思われる方もいらっしゃるのでは…?

実際、この頃になると友達と会った時、聞かれる事が多くなります。

一番多い質問は、やはり来年注意すべき健康面・来年新しい事の是非でしょうか。
友達の場合は、今迄の状況を良く知っていることが多いのでいいのですが…。

鑑定の場合は、当然ですが初対面であり、もちろん此処に至るまでの状況や家族構成など一切分かりません。

新年になると神社の一角でコーナーを設けている神社もあります。

そこで今回は、もし鑑定でご相談されるとしたら、、、限られた時間を有意義に使える必須事項などについてお伝えしようと思います。

私の体験談から、少し困った事例もご紹介させて頂きますね。

先ず、気学では相談したい内容に関係する人物の生年月日はマスト項目と言えます。
そして、何か物事を起こしたい期日が決まっている場合は、年・月・日も知りたい項目です。

例えば、貴方が休暇を利用し海外へ旅行を検討中・どの方向が良いのか?
また、上司との人間関係等から転職を考えているならば、転職に良い時期や新しい会社が家からどの方位に当たるのかも大切になります。

結婚を控えている方ならば、お二人の生年月日や入籍予定の日取り・引っ越す場合の新天地は、もちろん吉となる方位がお勧めになります。

長きに渡るトラブルや悩みごとなどは、いつ頃から発生したのかも問題解決の糸口につながります。

このように、ある程度でも良いので検討している事や迷っている理由など具体的な内容を事前に用意しておいた方が、気学鑑定は貴方にとって有意義な時間となるでしょう。

私にはよくあることですが、ご相談者から漠然とした質問を受ける事があります。

例えば。

『今年就職なんですが、、、就職は決まりますか?』
『結婚したいのですが、結婚できますか…?』

もちろん誰にだって決まらない事への不安はあります。
そんな時は先ず何が不安なのか、どんな希望があるのかを尋ねます。

その上でご自身の目標に適している方角へお出かけして良い運気をいただくなどして、幸運への貯金のお勧めをしています。

そして、ご相談に来られた方の星回りから適職やご縁に恵まれ易い時期をお伝え致します。

時には去年は何もイイ事がなかったのですが、今年はイイ事がありますか?と言う質問もありました…。

イイ事とは一体何なのか?お話させて頂きながら、その方の心情をお聞きするのですが、私の返答も、やはり漠然としたものになりがちな事があります!

私の未熟さが原因かもしれませんが…。

ヒトは分岐点に来た時、何歳になっても悩むものだと思います。

それが人生を決める事柄であれば尚更と言っていいでしょう。

そんな時は、最終的にどっちが今後の人生にとって良い選択と言えるのか?

目標が決まっているなら尚更、多少遠回りしても努力して掴み取りたいですよね!

私が思う“気学鑑定”とは、ご相談者の目的へ到達するための“道しるべ”であり、 また時には、ご相談者の心や頭の中が混乱した時の“整理”にもなります。

そして、私が考える鑑定依頼のタイミングとは、曖昧な不安を感じている時よりも、人生や物事の分岐点で迷っている時の方が良いと私は思います。

気学は、そういう時に羅針盤となり、“道しるべ”をしてくれます。
ですので、ご相談なさる時のキーワードは「具体的」にすることをお勧めします!
15 件

この記事のキュレーター

黒江真帆 黒江真帆