2016年9月15日 更新

つらいPMS症状を緩和させよう!

生理前にイライラしたり、体調が思わしくなかったり、肌荒れやむくみなどに悩んでいる方も多いのでは。 そんなつらいPMSを少しでも緩和させてくれる食べ物や対策を紹介したいと思います。

PMSとは

月経前症候群といい、月経3~10日前から続く精神的あるいは身体的症状のこと言います。
主な症状としては、むくみ・腹部の膨満感・食欲不振・腹痛・頭痛・腰痛・倦怠感・情緒不安定など個人によって症状が様々です。
また、その時々によって症状も異なるといわれています。

原因は?

原因の詳細はわかっていませんが、主な説としては排卵後の女性ホルモンの急激な変化によって起こるのではと言われています。

PMSの症状が重くなる要素?!

不規則な生活やアンバランスな食生活・ストレスなどの要因が加わると、より症状が重くなってしまいます。

PMSを緩和させる方法・食べ物

では、どのようにしたら症状を軽くすることができるのでしょうか。

規則正しい生活をする

早寝早起き、三食きちんと食べる、暴飲暴食をしないなど日頃の生活リズムを正しくしていきましょう。

*刺激物を控える

カフェイン入りの飲み物(コーヒー、緑茶、エナジードリンクなど)、チョコレート、スナック菓子などは控えるようにしましょう

*イライラを沈めてくれる食べ物を食べる

20 件

この記事のキーワード

この記事のライター

管理栄養士 いしだしほ 管理栄養士 いしだしほ