2017年8月30日 更新

子育てコーチが実践中!子どもとのバスタイムをラクに・楽しく過ごすためのコツ4つ

子育て中のママにとって、バスルームは「戦場」のひとつ。子どもが赤ちゃんであれば自分は素っ裸で子どもの服を着せ、「イヤイヤ期」といわれる2歳くらいのお子さんであればそもそもお風呂に入ろう、という気にさせるところから…。「私はいつになったら一人ゆっくり湯船につかれるのー!?(ママの心の叫び)」そこで、今回はフルタイム勤務・ワンオペ育児中の2児の母でもあるライターが実践している、「子どもとのバスタイムをラクに・楽しく過ごすためのコツ4つ」を時系列でご紹介します。

写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

季節を問わず、子どもの肌は荒れやすいもの。
年間を通して、スキンケアが欠かせません。
とはいえ、ここでも思うようにいかないことが…お風呂から出た瞬間に子どもはそこからいなくなっていたりします。

そこで、子どものボディケアタイムも遊びにしてしまいましょう。
私がいまの時期使用しているのがローションタイプの保湿剤なので、これを市販のスプレーボトルに詰め替えて
「えいっ!くらえ!!」と子どもの体にシュッシュッと吹きかけてなじませます。
「きゃ~!」と逃げ回ったり「自分でもやってみたい」と言い出して自分の体に吹きかけ始めたり、
お子さんの反応もそれぞれかと思いますが、ここでも「効率」を求めるとママの眉間にシワが寄ります。
逃げ回るなら待てー!と追いかけ、自分でというなら褒めながらどんどんやってもらってその間にママのアフターケアをやっちゃいましょう。
写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

冒頭でもお話しましたが、そもそも子育てとは、親の思うようにいかないもの。
私も試行錯誤の毎日です。
ただ、だからこそ、ママが笑顔でいられるなら多少は「手」も「気」も抜いてもいい、と思っています。
これからも、ママの笑顔を少しでも増やせたらいいな、との思いで記事をお届けしてまいります!
19 件

この記事のキーワード

この記事のライター

時短美容家・マザーズティーチャー大倉純子 時短美容家・マザーズティーチャー大倉純子