2016年4月18日 更新

楽して脚痩せ!1日3分のリンパマッサージ

なかなか効果が出にくい脚痩せ。ただ揉んでいるだけでは、非効率的。力を入れることなく効率的にマッサージできるリンパマッサージを取り入れていきましょう。

リンパマッサージとは

私たちの身体には、血管と同じようにリンパ管が全身に張りめぐらされており、この中をリンパ液が流れています。リンパには、血液が回収しきれなかった老廃物を回収する機能があります。
リンパ管が合流して太くなる部分は節のようになっているので、リンパ節といいます。
リンパマッサージは、このリンパ節やリンパの流れに沿ってマッサージをすることで、流れが悪くなったリンパの流れを改善する方法です。

下半身痩せでおさえておきたいリンパ節

リンパ節は、全身に約800個ありますが、下半身痩せでおさえておきたいリンパ節をご紹介します。

・鼠径リンパ節
両足の付け根にあるリンパ節で、下半身のリンパが流れ込む最初のリンパ節です。
鼠径リンパ節へのリンパの流れが悪くなると、下半身太りやポッコリお腹などの原因になります。

・膝窩リンパ節
両膝の裏にあるリンパ節です。足首から膝まわりにかけてのリンパは、この膝窩リンパ節に一度流れ込みます。

実践!リンパマッサージ

<準備>
コップ1杯の常温の水を飲みます。そうすることで老廃物が流れやすくなります。
次に、鼠径リンパ節の流れをよくするために、股関節まわりをストレッチして筋肉をほぐします。
また、ふくらはぎ自体を動かすストレッチや足首回しも行っておきましょう。

①足裏を押す
第二の心臓と呼ばれる足裏には反射区があります。そこを刺激することで内臓の働きを活発にさせます。

②足のサイドや甲を押す
かかとの内側付近には膀胱の反射区があり、むくみに効果的です。また足の甲にも有効な反射区があります。

③足の指をまわして揉む
1本ずつ足の指をまわして揉んだり、足の指の間に手の指を1本ずつ入れていき、手と足で握手するように持ち、足の指の間を広げます。

④ふくらはぎのマッサージ
足首からひざ裏の膝窩リンパ節まで、左右の手を交互に使いながら、擦り上げていきます。その後、手の4指で軽く膝裏をマッサージします。

⑤太もものマッサージ
太ももの内側を、膝から足の付け根に向かって、左右の手で交互に擦ります。太ももの外側も同じように擦ります。最後に足の付け根をやさしく圧迫します。


1日3分。毎日こまめにケアして、むくみ知らずのスッキリ脚を手に入れましょう。

プラスαのケアで、もっと美脚に!

マッサージの中に、ツボ押しを加えることで、もっと美しい脚を手に入れることができます。
スッキリ脚に導くツボをご紹介します。

・湧泉(ゆうせん)
足の裏の土踏まずの少し上あたりにあります。

・解谿 (かいけい)
足首の関節の前面中央、ちょうど2本筋の間にあります。

・無名穴(むめいけつ)
太ももの内側の中央部分を押して、痛気持ちがいい部分です。

・承筋(しょうきん)、承間(しょうかん)、承山(しょうざん)
ふくらはぎの真ん中あたりから、膝裏に向かって順に並んでいます。

・委中(いちゅう)
膝裏の真ん中にあります。

入浴時やテレビを見ながらでも、簡単に押すことができるツボ。
リンパマッサージとあわせて、毎日こまめにケアして、むくみ知らずのスッキリ脚を手に入れましょう。
13 件

この記事のキーワード

この記事のライター

アロマ講師・セラピスト 菅沼 亜紀子 アロマ講師・セラピスト 菅沼 亜紀子