2017年12月4日 更新

九星と各付き合い方

『気学』という言葉を耳にしたことがある方は、少ないかもしれません・・・。 この気学を知っていると、あなたの毎日、そして将来は大きく異なります。

【七赤金星】

少女の象意通り、男性であっても愛嬌の良さと話術も巧みなので人を惹きつける社交性の持ち主です。

そのため豊かな人脈を作ることができます。ただ口に関する象意があり、時としてワザワイのもととなる事や頭を下げる事は苦手です。

外見は陽気ですが、内面的には神経質でクールな部分もあるので、仕事などアプローチする時は集団の中の一人として始めたほうがイイかもしれません。

【八白土星】

山の象意であり方位は東北にて、事業を後継・復興する底力があります。

また、フロンティア精神も旺盛で、強い信念の持ち主です。
どちらにせよ頑固一徹で融通がきかず、闘争心から相手と折り合う事が出来ないかもしれません。

とっつきにくいところもありますが、内面はとても温厚で実直と言えます。
器用な星ではないので話しにくい印象もありますが、やんわりとした共通の話題から心が打ち解けます。

【九紫火星】

象意は火であり、方位が南そして季節は夏の如く、明るく陽気で華やかなムードがあります。

男女ともに感受性が鋭く、シャープな頭脳の持ち主が多いでしょう。
直感力や決断力にも恵まれていますが、移り気や気分屋と見られ掴みどころが無いと思われがちです。

裏表が無いので感情のまま怒ることもありますが、意外にサッパリして根に持ちません。
あまり苦手意識を感じないほうが無難です。
ここでは本命星(生年月日の年のみ)の各九星の傾向について簡単にお伝えしました。

気学の星回りの傾向を知ると知らないとでは、人間関係を構築する上で大きく異なります。

もちろん自分の事、そして周りの方々との付き合い方の参考にして下さい。
22 件

この記事のキュレーター

黒江真帆 黒江真帆