2016年9月13日 更新

夏にはこれを食べよう!~しっかり食べて夏バテ知らず~

もうすぐ本格的な夏が始まりますね! 暑いとなかなか食欲も湧かずご飯を食べなくなってしまって、夏バテになる方もいるのでは? 楽しい夏を元気に過ごすためにも、しっかり食べて夏バテ知らずな身体になりましょう!

写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

夏バテとは・・・

夏バテとは、夏の暑さなどの体温調節機能がうまく調節できなくなり、自律神経機能がうまく働かなくなって食欲がなくなったり、身体に不調が現れる症状のことを言います。

なぜいけないのか?

夏バテになってしまうと食欲が落ちて、食事の量が減ったり栄養が偏ったりしてきます。
その結果さらに体への不調を招いてしまう恐れがあります。

おすすめの食材、食べ方はこれ!

ではどのようなものを食べれば夏バテを解消できるのでしょうか。

タンパク源となるもの

写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

タンパク質は、肉類、魚介類、大豆製品などに多く含まれます。
不足すると疲れやすくなったり、免疫力が低下し風邪など引きやすくなったりします。
脂が多いと、夏には食べにくかったりします。
そのため鶏のササミや胸肉などはさっぱりと食べられますし、冷しゃぶにすると余分な脂を落とすことができて食べやすくなります。

特に豚肉がおすすめです。
豚肉にはビタミンB1が多く含まれています。
体内に疲労物質が溜まるのを防いでくれます。

にんにく

写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

言わずともしれた疲労回復食材です。
にんにく特有の香りが、体内でビタミンB1と結合して、疲労回復の効果を高めてくれます。
また香りが、食欲をそそってくれます。
しかし、加熱しすぎると効果がなくなるため注意してくださいね。
ニラにもにんにくと同様の成分が入っているためおすすめです。
ビタミンB1が多い豚肉と一緒に食べると良いですね。

ビタミンA・C

果物や緑黄色野菜に多く含まれます。
身体の免疫力を高めてくれます。
23 件

この記事のキーワード

この記事のライター

管理栄養士 いしだしほ 管理栄養士 いしだしほ