2016年6月17日 更新

赤ちゃんとママ・パパが幸せになれる★ベビーマッサージ

赤ちゃんとママ・パパの愛情を深めるスキンシップの一つであるベビーマッサージ。今回は自宅で簡単にできるベビーマッサージ法を1児の母でもあるプロのセラピストがお伝えします。

ベビーマッサージは、ママやパパが、手のひらで赤ちゃんを優しくなでたりさすったりするスキンシップのひとつです。
赤ちゃんはママやパパにタッチしてもらうことで、「愛されている」「大事にされている」と感じることができてママやパパへの信頼感が芽生えます。
一方、ママやパパは赤ちゃんと触れ合うことで、より一層愛情が深まります。
さらにベビーマッサージをすることで、赤ちゃんの夜泣きが減るなど、ママやパパの負担や心配も減らすことができます。
ママやパパが笑顔でリラックスしていると、赤ちゃんにも伝わり、安心してご機嫌に過ごるはず!
さぁ、笑顔でベビーマッサージをしてみましょう。

ベビーマッサージの効果

★抱きしめられることで安心感に包まれます。
★ママやパパとの信頼関係が築かれます。
★感覚を刺激することによって、脳や神経系の発育を促します。
★血行がよくなり代謝を促します。
★腸の運動を刺激して排便を促します。
★肌を丈夫にして免疫を高めます。
★よく眠れるようになります。

準備

赤ちゃんは裸になるため、部屋を暖かく(25度くらい)しておきましょう。
手を清潔にして、アクセサリーをはずします。
床におねしょシートや防水シートを敷いて、その上にバスタオルを広げておきます。

必ずチェック!注意点

・赤ちゃんの機嫌や体調が悪いときは行わない。
・予防接種後48時間は避ける。
・湿疹やかぶれなど肌に異常がみられたときは医師の診察を受ける。
・赤ちゃんの空腹時と満腹時は避ける。
・マッサージ時間は15分以内にする。
・マッサージのあとは水分補給をする。
・ママ・パパも赤ちゃんも無理はしない。

◆マッサージには100%ピュア&ナチュラルの植物油を使います。
 ※ベビーオイル(鉱物油)は不向き
◆オイルを使う前に赤ちゃんの太ももに塗って20分間様子をみて異常がないか確認しましょう。

ベビーマッサージをやってみよう!

洋服を着たまま・・赤ちゃんを抱いて、お背中トントントン
前向きに抱いて座らせて、お腹に手をあててママのからだを左右に揺らす
普段やっている遊びを行う(バンザーイ、お手手ぱちぱち)

「マッサージを始めるよ」
洋服とおむつをはずす
小さじ1杯程度のオイルを手にとり両手で温めてからスタート

「足のマッサージを始めるよ」

「○○ちゃんのあんよ」
足首を持ち、外側のラインを付け根から指先まで下りてくる
「太もも、キュッキュッキュッ」
太もも内側に親指、残り4本の指を太もも全体に密着させて外側に向かって手を回すようになでる
「おひざをくーるくる」
ひざまできたら、少しひざを曲げてくるくる
「お尻をくーるくる」
お尻を持ち上げて、お尻をくるくる
「ふくらはぎ、キュッキュッキュッ」
ふくらはぎは手を回すようになでる
「あんにょをぶーるぶる」
両手で足をはさんで太ももから指先に向かって、ぶるぶるさせる
「お父さん指ポーン」
足の指をくるくるさする
親指から小指の順「お父さん指ポーン」と言いながら、指を顔につける
★お父さん指/お母さん指/お兄ちゃん指/お姉ちゃん指/赤ちゃん指
「足裏、ギュッギュッ」
足裏は親指で押すか、くるくる円を描く
「バー」と言いながら両手を赤ちゃんの頭の横で広げて目を見つめる

「お腹とお胸のマッサージを始めるよ」

「お腹にハート」
両手を使ってお腹にハートを描く
「お胸にハート」
両手を使って胸にハートを描く
「飛行機~」
両手を使ってお腹から胸を通って左右の手のひらへ
「お腹くーるくる」
お腹を「の」の字に、片手を追いかけるようにマッサージ
「どんぶらこ、どんぶらこ」
腰の下に手を入れて、どんぶらこと左右に揺れる
「左、みーぎ」
クロスで上がって戻ってくる
「のーびのび」
両手で首から両肩、手へとなでる
「お父さん指ポーン」※左手→右手の順に
手の指をくるくるさする
親指から小指の順「お父さん指ポーン」と言いながら、指を顔につける

時間があれば背中やお顔もトライしてみましょう。
順番はあまり気にせず、出来る範囲で楽しくが基本です♪

赤ちゃんにも、ママやパパにとっても、いい影響がいっぱいのベビーマッサージ。
こうしたコミュニケーションが親子の絆を深め、赤ちゃんが成長したときにも、親子関係の土台となってくれるはずです。
14 件

この記事のキーワード

この記事のライター

アロマ講師・セラピスト 菅沼 亜紀子 アロマ講師・セラピスト 菅沼 亜紀子