2017年4月20日 更新

人生の流れを変える身体の整え方

身体を整えるだけで、人生の流れを変えられるの?と思う方も多いかと思いますが、心の在り方を変えるまでには時間が掛かりますが身体から整える事は簡単です。

人生の流れを変えるには身体の気の流れを活性化することが大切

空間の気の流れを変えるのが「風水」 方位としての気の流れは「気学」 時間としての気を考えると「四柱推命」などがあります。私たちの身体自身の気の流れを考えると、「針きゅう」や「漢方」などが挙げられると思います。

私達は、1秒先、一時間先、一年先まで、ずっと小さなことから大きな事まで決断をし続けながら生きています。ただ、その決断が疲れているとき、体調が悪い時、嫌な人と一緒にいて落ち込んでいる時だったら、どうでしょう?

人生の選択は、その時のプラスの気かマイナスの気がどうかで、良くも悪くも変わるのです。

私は良くサロンのお客様に「ここに来て運が良くなった」とか「ここに来ると良い事がある」とか、「仕事が忙しくなって売上が上がった」と言われます。それは、私の力ではなく、身体の流れの全てが滞りなく、きちんと循環するようになったからだと思います。

頭で考えるよりも、身体の流れを整えて気持ちの良い状態、心地よい状態が当たり前になってくれば、運気は自然と良くなるものです。

毎日の浄化法

毎日、仕事やプライベート、知ってる人から知らない人まで、たくさんの人と関わることは生きている以上、外せないことですよね?電車の中や会社の中など、人の思いや、いろいろな雑念は知らず知らずに自分の身体にも見えませんが溜まっていきます。そういう見えない汚れを流していくのは、簡単です。

”湯船に浸かるだけ”

これだけです。人の念だけでなく、電磁波の影響など身体に悪影響を及ぼすプラスイオンを流すためにはシャワーでは落とし切れないので、必ず湯船に浸かることが大切です。朝、頭を洗うという方も多いかと思いますが、疲れが溜まっている、熟睡したいなと思うときは頭までしっかりと洗って全ての汚れを落としてから就寝くださいね。

「ぼんのくぼ」周辺の詰まりを取る

「梵の窪(ぼんのくぼ)」って、ご存じですか?首の後ろにある縦2本の筋肉の内側にある丁度、くぼんだ所です。この首2本の筋肉は重い頭を支えるため、とても凝りやすい筋肉です。

インドでは、梵をブラフマンと意味し宇宙を支配する原理とされている。日本でも火葬の際、仏様に似た形の骨は、この梵の窪に位置しています。ちょっと、スピリチュアルな話になりますが、宇宙と繋がる大切な場所と考えると分かりやすいのかな。私達の潜在意識や閃きや直感を高めたい方にも、とても大切な場所なのです。

ここの梵の窪周辺は、サロンのお客様でも詰まっている人がとても、多く指が入らない人が多数います。頭痛や頭重に関係しても来ますが、私たちの体感覚をつかさどる一番大切とも思える場所なので、ここだけは詰まらせないようにしたいものです。

温かいオシボリで温めたり、首の付け根周辺を軽くマッサージしたり、ゆっくりと首を回したりして首の血流を良くするよう意識しましょう。

気の流れが滞りやすい場所

気の流れが一番滞り安い場所は関節の部分や筋肉の塊の部分がある所です。手首、足首、ソケイ部、肩関節など、リンパも詰まりやすい場所ですね。

肩こりや首凝りの方などは特に手首や腕の筋肉を日ごろから柔らかくする為にも、手首・足首回しなどが効果的です。

悪い流れを良い流れに変えるポイント

①いつもと反対の事をやって悪い流れを断ち切る
例に出すと、いつも通らない道を通ってみたり、掃除を滅多にしない人は掃除をしてみるなど、いつもしない事をして流れを自分から変えてしますのです。一生懸命やり過ぎていたら、逆に何もしないで見るなどしてみると逆に力が抜けて良い結果に導くこともあります。
24 件

この記事のキーワード

この記事のライター

管理栄養士・エステティシャン 前原英美 管理栄養士・エステティシャン 前原英美