2017年7月25日 更新

「ネイルサロンに行ってみたい!年齢に合わせたネイルって?」知りたい疑問を聞いてきました!

ステキなネイルをしている人を見かけると憧れるものの、家事に支障はないのかしら?、仕事柄難しいかな…、どれくらいもつのだろう?どんなところに気をつけてネイルサロンや選べばいいの?と考えてしまって、なかなか踏み出せない。今回は、スローエイジング世代も多く通うというネイルサロンに、そんな疑問を聞いてきました。

Q1:ネイルサロンって、どうしても一時期流行ったギャルのイメージがつきまとうのですが、スローエイジング世代も利用しているのでしょうか?実際に来店されている方の年齢層を教えてください。

はい。当店にいらっしゃるお客様は20代後半から上は60代、70代の方もいらっしゃいます。30代後半から50代のお客様が一番多いです。
ネイルと言っても、派手なデザインやアートをするのだけではなく、自爪を生かしたシンプルなデザイン、アートや、お色は塗らないで、定期的にお爪のケア(甘皮ケアやお爪の形を整える)だけで通われている客様もいらっしゃいます。

Q2:スローエイジング世代になると、ネイルが家事などの際、邪魔にならないか気になります。料理をするときも大丈夫なのですか?

写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

以前はマニキュアやお爪を長く作るスカルプチュアが流行っていた時代もありましたが、今はジェルネイルが主流になっています。

ジェルネイルですと、UVライトやLEDライトでジェルを硬めていきますので、マニキュアの様に乾くまで手が使えないという事がありません。ご帰宅後、普通に家事をして頂いて大丈夫です。
また、マニキュアの様に剥げたりする心配もなく、ストーン類もしっかりジェルでコーティングしますので、お料理の最中に取れてしまう心配もありません。ご安心下さい。

お客様の中には、お爪が薄く、家事をすると割れたり2枚爪になってしまうことが悩みだったのに、ジェルネイルをすることで強化されたという方もいらっしゃいます。

Q3:仕事柄、爪を長く伸ばせないなどの条件がある人もいます。ネイルは爪が長くないと出来ないのですか?

先ほどもお話した様に、今主流のジェルネイルはご自分のお爪の長さを生かして、自爪の上にジェルを乗せてデザインしていきますので、お爪がギリギリ短くても施術していけます。

爪が短い方が映えるデザインもありますし、強化のためにクリア(透明)のジェルだけを乗せる方もいらっしゃいますよ。

Q4:ジェルネイルだと、1回つけるとどれくらいもつのでしょうか?

お爪の状態や元々のジェルとの相性などで個人差もありますが、当店では3~4週間で付け替えにいらっしゃる方が多いです。
4週間以上経ってももちが良い方もいらっしゃいますが、お爪は伸びてくるので、長さが気になって…と4週間以内でいらっしゃる方がほとんどです。

Q5:ネイルの色選びって悩んでしまいます。肌の色や爪の長さなどによって、似合う色は違うのですか?オススメのポイントを教えてください。

はい。肌のお色や長さによって似合うお色は違います。
お肌が黒い方に白が強いパステルカラーを塗ってしまうと、白浮きしてしまったり、肌の黒さが協調されてしまったりします。

また、ピンクと言っても、赤みの強いピンク、青みのあるピンク、サーモンピンク、パステルピンク…と様々です。
ベージュも、黄みよりのベージュ、赤みの強いベージュ、白っぽいっベージュ…と種類が沢山あります。
特にピンク・ベージュは似合う似合わないがハッキリ出てしまい、似合う物を選ぶのが難しいお色です。

36 件

この記事のキーワード

この記事のライター

コスメコンシェルジュ そうまみき コスメコンシェルジュ そうまみき